新型コロナウイルス感染症情報コーナー

※ 東京都、沖縄県に『緊急事態宣言』が、4府県 ( 埼玉、千葉、神奈川、大阪) に『まん延防止等重点措置』が発令中 !!  (8/22までの予定)
✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫✫


​◎新型コロナウイルスの感染拡大を予防する「ひょうごスタイル」の推進を !!


 
帰国者・接触者相談センターへの相談目安が5/9より変更されました(クリック)

 
・新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)

                 

✫ ノーベル賞受賞者・

   山中伸弥先生のブログより

山中伸弥.jfif

 アルファ変異ウイルスは、第4波において猛威をふるい医療ひっ迫を引き起こしました。今、さらに感染力の強いデルタ変異が世界的に主流となり日本でも増加しています。国民の多くがワクチン接種をしたイギリス、イスラエルやアメリカ合衆国においてもデルタ変異による感染者が急増しています。幸い、ワクチンはデルタ変異であっても強い重症化抑制効果があるようです。一方、インドネシアやタイでは、これまで日本と同様に感染爆発を免れてきましたが、ワクチン接種の遅れとデルタ変異の拡大により、感染や重症化が急増し、医療崩壊の状況となっています。我が国においても、ワクチン接種を進めるとともに、マスク着用や3密を避けると言った基本的対策をしっかり続けることが重要です。デルタ変異は、ワクチン接種していても感染します。世界の多くの国では、日本よりも感染者が多い状況が続いています。外国人の来訪が増える7月と8月は、感染対策にとって昨年1月以来の最大の山場です。

cluster2.jpg
kansen.jpg

新型コロナウイルス兵庫県の対応について

・兵庫県内感染状況 ⇒

新型コロナウイルス感染症最新情報

新型コロナウイルス感染症について

 (厚生労働省からのお知らせ)

 

 

◎新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

        (5/9より新指針に変更されました)

 

相談・受診の前に心がけていただきたいこと 

 

 ○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

 ○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

 ○ 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。

 

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安   

 

 ○ 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

 

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

 ○ 相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります。)の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。

 

(妊婦の方へ)

 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

 

(お子様をお持ちの方へ)

 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

 

※ なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

医療機関にかかるときのお願い    

 

 ○ 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

 ○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

各地方自治体の管轄保健所内に設置

          ⇩

 

 

一般相談窓口

 ◎兵庫県疾病対策課

​  ・平日(9:00~17:30)

​       078-341-7711  (内線3296)

     ・休日&夜間(17:30~翌日9:00)

    090-3265-8583

 ◎厚生労働省

​  ・9:00~21:00

​       0120-565653