小谷城跡より加西市中心部(北条町)
加西アルプス・善防山​​

私たちの街(兵庫県加西市)

● 新型コロナウイルスの感染第二波は緩やかに減少傾向⁉

◎『今月のミニ防災教室』は 台風 について特集しております

YAHOO!  天気・災害
NHKあなたの天気防災情報
兵庫県CGハザードマップ
ひょうごボランタリープラザ
地震調査研究推進本部

災害ボランティア加西らかん』設立趣意

平成23年3月11日の東日本大震災以後も、各地で災害が多発しているなか、平成26年8月には丹波市・広島市に豪雨災害が発生し、甚大な被害をもたらしました。
 
今後も、各地で集中豪雨が頻発する可能性があり、また南海トラフ地震も近いと報じられています。そこで来るべき災害に備えて、近隣市町を含めた住民の防災意識の高揚を図る活動を続けつつ、専門知識の充実を図り、発災時には地域の災害緊急対応の一端を担える活動をするために、また引き続き東北被災地の復興支援を続けるために『
災害ボランティア加西らかん』を設立しました。
 
この組織は、東日本大震災の被災者への継続的支援活動ならびに平成26年8月の丹波市豪雨災害でのボランティア活動を通じて、被災者・被災地におけるボランティアの必要性を強く感じ、有志が集まり協議した結果、行政やNPOを始めとする各種団体や関係機関との連携・協働を推進し、円滑な災害救護活動ならびに防災意識の高揚活動を図るため、特定非営利活動法人の取得を決定しました。

 

◎申請に至るまでの経緯
 

・平成27年3月10日
  任意団体

   「災害ボランティア加西らかん」設立
 
・平成27年4月10日
  特定非営利活動法人
   『災害ボランティア加西らかん』設立総会

入会ご希望の方は

加西市北条町五百羅漢像群

理事長あいさつ

平成26年8月に兵庫県丹波市水害が起きました。西脇社協、加西社協と共に支援に通ううちに、広島市土砂災害も含めて同様の災害はどこででも起こり得ることを実感しました。加西市は今まで重大な自然災害が起きなかった「物成りの良い」美しい田園都市ですが、100mmの雨が3時間続けば姿は一変し、丹波や広島のように深夜に起きれば、身を守ることさえ覚束ないことを知りました。
 
兵庫県加西市には「北条の五百羅漢」として知られる石仏群があります。羅漢とは修行を積んだ仏弟子だそうで、1mほどの高さの角柱に顔と手足を彫り込んだだけの素朴な姿ですが、何百年もこの地の民を見守ってきてくれました。私たちはその姿を目指したいと、このたびNPO法人名を『
災害ボランティア加西らかん』にしました。
 
苦難にある人の助けになりたいという熱い心だけを頼りに発足した素人集団ですが、災害に立ち向える専門技術を学び、多様な技能知識を持つ会員を擁する実力集団をつくりたいと決意しております。多くの皆様の参加とご指導をいただきますようお願い申し上げます。

   特定非営利活動法人

災害ボランティア加西らかん

  理事長 村上克也

© 2020 Kasairakan